英語などをゆるーく

いろいろな英語(文体)

和訳研究会では「BBC」や「The The Guardian」等の英語を読むことが多かったです。
この違い(媒体差)が結構楽しい。
BBCはわりとシンプルだけどThe Guardianは妙に華やかな文体🌸というかなんというか。
(興味深い)

だから、新しい媒体の素材!となると、ちょっぴり楽しみだったりします…
が!
もちろん!! いざ読み始めたら、苦しみ。。(英語力が低いので)でしょう。

今週末は、Timesと*****人が書いた英語に挑戦します。
ドキドキ!!

あと、オーウェルの小説も読みたい。(ラダーシリーズと比較しながら読んでみようかな~。‥とか言いながら日本語版で読むかも。)

ところで、昨日、「ピータールーマンチェスターの悲劇」という映画を観ました。
ピータールーのあの事件(この映画をきっかけに知ったyo‥)が、The Guardian創刊のきっかけだったとはっ!

”Guardian”はGuardian(ガーディアン)なのですね🛡




・BBC The Guardian イギリスの報道誌
・「ピータールーマンチェスターの悲劇」…英国史上、約200年前の最も残忍かつ悪名高い事件が題材になっている映画
・ラダーシリーズ 簡易な英語に書き直された学習用の小説シリーズ
・オーウェル イギリスの大作家

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。